縄文杉

縄文杉

鹿児島県の海上に存在する屋久島では、島内に自生している杉のうち樹齢千年以上の高齢杉を屋久杉と呼びます。そして、確認されているなかで最も最大で再古木の屋久杉を『縄文杉』と呼んでいます。

縄文杉は、1966年に屋久町役場の観光課長によって発見されましたが、当時は発見者の名前(岩川さん)を取って『大岩杉』と呼ばれていました。『縄文杉』と呼べれるようになったのは、諸説ありますが、この大岩杉を取材した新聞記者が縄文土器の形に似ているからと命名したと言われています。その他にも、縄文時代から生きていると推測されたため縄文杉と呼ばれるようになったという説もあります。

縄文杉は樹齢7200年で世界最古の植物だと言われることもありますが、樹齢は2700年ほどだとする調査結果もあり、その意見は分かれています。

現在、縄文杉は保護されているため、その周りに立ち入ることはできませんが、縄文杉から15mほど離れた場所に設置された木製デッキから見学することができます。

縄文杉に関する記事一覧

鹿児島

屋久島・縄文杉との出会い

数年前の8月、私はとても貴重な挑戦をさせていただきました。 関東から飛行機を乗り継いで遥遥、友達と2人で初めての屋久島旅行。そして往復約10をかけ、屋久島のシンボルである縄文杉を目指しました。 今回はガイドさんと参加者5人の6...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました