屋久島

屋久島

屋久島は、鹿児島県本土から南へ約65km離れた東シナ海に浮かぶ島で、1993年には日本ではじめて世界遺産として登録されました。

屋久島に自生する縄文杉は、一説では樹齢7200年ともいわれ、日本に自生する杉の中では最大の幹回りを誇っています。また、この縄文杉は世界遺産のなかにも包含されており、とても人気の高い観光スポットとなっています。

屋久島には、その他にも『白谷雲水峡』『ウィルソン株』『苔むす森』など数多くの自然豊かな観光スポットが存在します。

屋久島に関する記事一覧

鹿児島

屋久島・縄文杉との出会い

数年前の8月、私はとても貴重な挑戦をさせていただきました。 関東から飛行機を乗り継いで遥遥、友達と2人で初めての屋久島旅行。そして往復約10をかけ、屋久島のシンボルである縄文杉を目指しました。 今回はガイドさんと参加者5人の6...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました