定山渓温泉

定山渓温泉

北海道札幌市の中心地から南西に約26km、車で約1時間ほどの距離に位置する温泉地。

1866年(慶応2年)に備前国出身の僧侶であった美泉定山(みいずみ・じょうざん)が源泉を発見し、後に湯治場を設け温泉宿を営んだことから、美泉定山の名前をとり「定山渓」と名付けられた。

泉質はナトリウム塩化物泉であり、効能は神経痛、胃腸病、切り傷、火傷など。

定山渓温泉に関する記事一覧

北海道

札幌の小児科の先生に伝えたい事~一期一会

札幌~旭川で2泊3日で旅行しました。羽田~札幌まで飛行機にて移動、新千歳空港に到着し、レンタカーを借り旭川動物園までレンタカーで行きました。メンバーは自分と妻と2歳の子供。 旭川動物園では楽しくシロクマやアザラシなどの動物を見て旭川...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました